内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

内野守備の基本

ひとつのアウトをとるには、基本に忠実なプレーが必要になります。どんな状況やどんな打球でも対応できるように、ここでは、内野守備の基本について見て行きます。
上達の参考になれば幸いです。

内野守備の基本記事一覧

内野守備の構え

内野守備の基本の構えは、キャッチボールと考え方は同じで、前後左右のどこにボールが飛んできてもすぐに動けるように、上半身、下半身共に力を入れ過ぎずに、リラックスして構えることが大切です。内野守備の構えの理想としては、体の何処にも力が入っていない状態で、キャッチボールより、上半身の前への傾きを多少深めに...

≫続きを読む

 

キャッチボールの基本

キャッチボールを単なる肩の準備体操だと勘違いしていませんか?野球においてキャッチボールは基本と言われるように、投げることや捕る技術も上達する練習ですので、内野守備が上達する上でもキャッチボールをおろそかにしてはいけません。例え、内野守備の練習をいっぱいやったとしても、大きな上達の進歩は望めず、それだ...

≫続きを読む

 

内野守備の正しいボールの握り方

内野守備にも必要な正しいボールの握り方が出来ていますか?堅実な、いい守備をするためには正確なスローイングは欠かせませんね。では、どのようにすれば良いスローイングができるのでしょうか?その一番のポイントとしては、投げる際のボールの握り方です。よく投手でも、「ボールの指のかかりがいい」とか言いますが、内...

≫続きを読む

 

ゴロの捕球

内野守備でのゴロの捕球がが上手く出来ていますか?内野守備でのゴロの捕球する基本としては、ゴロが転がってきたら、まず右足を一歩必ず前に出すようにします。そして、飛んでくるボールが速いのか、それとも遅いのかを見極めて判断します。緩いゴロなら、更にダッシュして前でゴロをとります。逆に速い場合ならその場で腰...

≫続きを読む

 

逆シングルは必要なテクニック

逆シングルで強烈なゴロなどを上手くさばくことが出来ていますか?一般的に内野の守備は、ボールを体の正面で捕るように指導されますね。これはボールを確実に捕球して、正確に送球するには正面で捕る方がより確実にアウトに出来るからです。もちろん、これは正しいのですが、全ての打球に当てはまるわけではありません。例...

≫続きを読む

 

ステップしてのスローイング

内野手のステップの踏み方の巧みさは、様々な方向に正確なスローイングする上でとても大切なポイントですね。例えば、1塁に送球する場合なら、正面、左右のゴロい関わらず、その場に止まって投げるよりは、1塁方向に体重移動してスローイングをした方がより滑らかに投げることができ、その時に使われるのがステップです。...

≫続きを読む

 

内野の守備位置の考え方

内野の守備位置(ポジショニング)は、定位置、中間守備、前進守備の3つのパターンがありますね。そして、得点差やイニング、アウトカウント、ランナーの有無、バッターの特徴などを考えて守備位置を変えます。そして、内野の守備位置ですが、ランナーがいない場合は、殆どが定位置で守ります。例えば右バッターなら、基本...

≫続きを読む

 

ランダンプレーの基本

ランダンプレーには様々な場面がありますが、上手く出来ていますか?スクイズやけん制球で挟まれたり、内野ゴロでのランナーの走塁ミスなど、試合中にはそのような場面は多くあります。そうした時に、いかにランナーをアウトにするか、ランダンプレーの基本フォーメーションをしっかり身につけて対処することが大切ですね。...

≫続きを読む

 

送球がそれないようにするには!?

内野守備で送球がそれるという悩みはありませんか?キャッチボールでは、コントロールが良いのに、ノック練習や試合になると送球が安定せず、チームに迷惑になるので何とかしたいという選手も多いものです。このような送球が左右にそれたりするのは2つの原因が考えられます。一つは、投げる方向に踏み出す足がしっかり向い...

≫続きを読む

 

ランニングスローのやり方とコツ

ランニングスローが上手く出来ますか?内野の中でも特にショートやセカンドには、時々当たり損ねなどの緩いゴロが転がってくるので、こうした時には前にダッシュして走りながらボールをとって投げないと、間に合わずアウトにすることができないことがありますね。そのような時に軽やかなランニングスローでアウトを取りたい...

≫続きを読む

 

ピポットプレーを上手くなろう

ピポットプレーが上手く出来ていますか?野球でのピポットプレーというのは、2塁手や遊撃手などが、併殺(ダブルプレー)の際のベースの入り方から1塁に送球するまでの一連のプレーを称してピポットプレーと呼びます。例えば、2塁べースをまたぎ、右足でベースを蹴るように送球したり、ベースを蹴って一歩後退して1塁に...

≫続きを読む

 

トスの仕方

ダブルプレーなどのトスが上手く出来ていますか?内野守備は、ゲッツー時や、サードやファーストへ至近距離から送球する際に有効です。トスの仕方には、順手、バックハンド(逆シングル)、グラブからの直接のトスがあり、様々な状況に対応できる守備力を磨く為にもトスの仕方をしっかり身につけておくことが大切です。そし...

≫続きを読む

 

内野フライの捕り方

内野フライの捕球が上手く出来ていますか?内野フライの捕り方で大切になってくるのが、まず、ボールが落ちてくる落下点に入ることが先決ですね。内野フライの場合は、外野と違い打球が前方からくるというよりも、真上の高い所から落ちてくるようになるだけに、尚更、ボールの落下点の見極めが大切になってくるのです。ただ...

≫続きを読む

 

軟式野球の守備は素早い送球体勢に入ることが大切

軟式野球での守備は、素早い送球体勢に入ることが大切ですね。そもそも硬式と軟式野球の守備の違いは、ボールのスピードが大きく影響してくるんですね。小学生や中学生などで使う軟式のボールは柔らかいので、守備の送球はもちろんのこと、打球なども全てスピードが遅くばってしまうのです。したがって、軟式野球の守備は、...

≫続きを読む

 

ダイビングキャッチなどのライナーの捕球のコツ

ダイビングキャッチなど、ライナーの捕球がしっかり出来ていますか?野球の内野のライナーは、瞬間的に反応しなければならないですね。しかも強烈な打球の勢いにグラブが弾かれないように確実に捕球する必要があるので、体の力を抜いて低い柔軟な姿勢で行う必要があります。そんな内野のライナー捕球には、体の正面、左右、...

≫続きを読む

 
 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集