内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 ゴロの捕球 コツ

ゴロの捕球

内野守備でのゴロの捕球がが上手く出来ていますか?

 

 

内野守備でのゴロの捕球する基本としては、ゴロが転がってきたら、まず右足を一歩必ず前に出すようにします。そして、飛んでくるボールが速いのか、それとも遅いのかを見極めて判断します。

 

 

緩いゴロなら、更にダッシュして前でゴロをとります。逆に速い場合ならその場で腰を落として待って捕ります。

 

 

そして、ゴロをもっとも捕りやすいのはバウンドした直後になります。例え、ボールがイレギュラーバウンドしたとしても、変化が小さくグラブも出しやすいですね。

 

 

ですが、これがボールが上がってくる途中のハーフバウンドになれば、イレギュラーバウンドの変化も大きくなり前に出ていいのか後ろに下がったらいいのか、グラブを上から出していいのか下から出した方が良いのかなど、判断に迷ってしまうものです。

 

 

したがって、出来るだけ地面に近いバウンドの直後の地面に近いショートバウンドで捕るようにすると良いでしょう。
そして、ボールを捕る時には左足を前に出して、その内側にグラブを差し出して、しっかボールがグラブに入るまで見て捕り、下から上にグラブを引き上げます。

 

 

そして、ゴロを捕球したら、送球する方向に右足を直角になるようにステップします。こうすることで、踏み出した右足が送球する軸になります。後は肘を上げるようにして腕を振り切って投げます。
なお、この時に右足が開き過ぎたり、閉じすぎているとボールがまっぐにコントロールがつけにくくなるので注意しましょう。

 

 

この元・西武・楽天イーグルス 内野守備コーチ 清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、レギュラーになれるゴロの安定した捕球術をDVD全編で徹底的にお伝えしています。

 

ゴロが苦手という致命的欠点を克服したある極めつけの捕球術を伝授します!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集