内野守備・上達革命DVD 清家政和 ステップ スローイング 練習法 コツ

ステップしてのスローイング

内野手のステップの踏み方の巧みさは、様々な方向に正確なスローイングする上でとても大切なポイントですね。
例えば、1塁に送球する場合なら、正面、左右のゴロい関わらず、その場に止まって投げるよりは、1塁方向に体重移動してスローイングをした方がより滑らかに投げることができ、その時に使われるのがステップです。

 

 

このステップには、サイドとクロスの2種類あります。
サイドステップは、速いボールを投げるよりも、タイミングの素早さを重視したもので、右足を左足に引きつけて左足の横て地面につけ、直ぐに右足を踏み出し投げます。

 

 

一方のクロスステップは、1塁までの距離が遠く、速いボールな投げる場合などに使い、右足を左足の前でクロスさせて、そこから左足を大きく踏み出して投げます。

 

 

それぞれのステップの踏み方からスローイングのやり方としては、

 

サイドステップしてのスローイング
ボールを良く見て、重心を低くしてゴロをとり、右足で地面を蹴って左足に重心を移動させて、みぎあしを左足に引き寄せます。そして、左足を送球方向に向けて踏み出し体重移動させて送球体勢に入り正確にスローイングします。

 

クロスステップしてのスロイング
ランナーなどを気にせずにボールをしっかり見て捕球し、右足で地面を蹴りながら左足に体重をかけます。そして右足を左足の前でクロスさせて、右足に体重を乗せ送球方向に左足を踏み出し、体重を乗せて送球します。
この時に、状況に応じてオーバーかサイドスローで投げるようにします。

 

 

また、内野手のスローイングは目標に向かって手渡すようにする感じがいいので、十分に間に合うようなら無理に腕を振り切る必要はありません。
無理に腕を振り切るようにしてしまうと、かえって体のバランスが崩れたりと思わぬ悪送球になりかねません。

 

 

なお、左右のゴロで、正面に回り込んで捕る場合は、左足のつま先が浮いた状態で捕るようにすると、それが送球する為の滑らかな体重移動の一歩目になります。
言いかえれば、左足のつま先を地面に着ける前に捕球するようにします。そこから、すぐに左足に体重を乗せて、サイドかクロスのどちらかのステップをして1塁に投げるようにするのがコツです。

 

 

リズミカルに送球方向にステップしてスローイング出来るようにしっかり練習しましょう。

 

 

清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、どのポジションでも活かせる練習方法をお見せします。

 

ステップの踏み方がわからず、送球が遅れる選手の練習法とは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集