内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ ランダンプレー

ランダンプレーの基本

ランダンプレーには様々な場面がありますが、上手く出来ていますか?
スクイズやけん制球で挟まれたり、内野ゴロでのランナーの走塁ミスなど、試合中にはそのような場面は多くあります。

 

 

そうした時に、いかにランナーをアウトにするか、ランダンプレーの基本フォーメーションをしっかり身につけて対処することが大切ですね。
そして、まず各塁間でどの内野手が主に参加するかを知っておくことが必要です。

 

 

1,2塁間にランナーが挟まれた場合は、ファースト、セカンド、ショート、キャッチャー、ピッチャー、2,3塁間なら、セカンド、サード、ショート、ピッチャー、3塁と本塁間なら、キャッチャー、サード、ショート、ファースト、ピッチャーなどが中心になって行います。
自分のポジションごとに、素早くランダンプレーに加わるようにします。

 

 

また、出来れば投手は、積極的に加わることは避けたいものです。
何故なら、ランナーとぶっかったりして、足をひねったりすると、その後の投球に影響するからです。

 

 

したがって、その時の状況にもよりますが優先順位として、ランダンプレーに参加するのは最後にした方が良いでしょう。

 

 

そして、塁間でランナーを追いかけはじめたら全力で追い、基本的には得点をとられないようにする為にホームから遠いベースへ追い込んでいきます。
この時に、もたもた追いかけると、それだけボールのやりとりが多くなる分、落球や悪送球になることも多くなります。

 

 

更に、ボールを受けた内野手は、グラブに入れたままランナーを追うのではなく、直ぐにボールを素手に持ちかえて追いかけます。
そして、味方に投げる時は、ボールを高く上げて受け手が分かるようにして、軽くスナップを効かせて投げます。

 

 

また、追う時にランナーに投げる真似をしてフェイントをかける選手もいますが、あまり多用すると味方の選手が受けづらくなり、落球することになりかねないので、ランナーが振り向いた瞬間に1回程度行えばいいと思うので、状況を見て行い、むやみに偽投をしないようにした方が良いでしょう。

 

 

そして、特に気をつけたいのは、ランナーを追いかけて行き、味方にボールを投げたら、そのままそこに立っていると、ランナーとぶっかった場合に走塁妨害になってしまうので、投げた方向に走り自分が投げた味方の内野手のバックアップに回るようにしましょう。

 

 

更に送球がランナーに当たるのを防ぐには、受け手は、ランナーを追いかけている投げ手がベースラインの内側で追っているようなら、内側で待っようにし、外側で追いかけているようなら外側て投げ手のボールを待ちます。
こうすることで、送球がランナーに当たることが防げます。ランナーに当たった時は、ゆきががりのインプレーですので、ランナーをアウトにすることが望めなくなるからです。

 

 

なお、基本的ランダンプレーの練習方法は決して難しくありませんので、この清家政和監修の内野守備上達革命DVDを通して学んでいただければ、やり方や指導のコツは理解できるようになるでしょう。

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集