内野守備・上達革命DVD 清家政和 送球がそれる 練習法 コツ

送球がそれないようにするには!?

内野守備で送球がそれるという悩みはありませんか?
キャッチボールでは、コントロールが良いのに、ノック練習や試合になると送球が安定せず、チームに迷惑になるので何とかしたいという選手も多いものです。

 

 

このような送球が左右にそれたりするのは2つの原因が考えられます。
一つは、投げる方向に踏み出す足がしっかり向いていないことがあります。投げる方向に真っ直ぐ向いていないで、ステップが開いてしまうと左の肩も開くようになるので、ボールにシュート回転がかかり送球が右にそれやくなります。

 

 

また、もう一つは、少年野球をしている内野選手に多く見られるのですが、キャッチボール等で捕球し投げる際の右の軸足に問題がある場合です。
これは、投げられてきたボールを捕ったら、右の軸足を後ろに引き、そこから左足をステップさせて後ろに下がって投げるのです。

 

 

このようにすると、ボールを捕ったところから目線も動いてしまって、ボールがそれやすくなるのです。

 

 

キャッチボールでは、ボールを捕ったら必ず軸足を一歩前に出して投げるのが基本です。
ですので、ゴロを処理する場合も、ボールを捕ったら軸足を引かないで、目線を動かさないようにして軸足を前に出していくようにすることが大切です。

 

 

このようにして軸足の状態を作って、右投げなら左足を真っ直ぐに投げる方向にステップしていくようにすれば、送球がそれるということは減ってくるでしょう。

 

 

なお、プロ野球などを見ていると、ショートなどの選手がボールを回り込んで捕球した時に、軸足を引いているように見えることがあります。
これは実際に引いていることもありますが、これはランナーをアウトにすることを優先した場合や、ステップが合わなかった為に、前に足を無理に出さないで、引いて処理した場合です。

 

 

プロの選手ならそれ自体は難しくなく応用を利かせているということです。
ですが、はじめからプロの真似をして、それを基本のようにやっていると、それが悪い癖になってしまうことがあるので、必ず軸足を前に出して投げるようにし、それがしっかり出来たうえで、応用を試合で使うようにしていきましょう。

 

 

試合では暴投が多くなる選手の悪い癖を解消する方法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集