ランニングスロー やり方 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

ランニングスローのやり方とコツ

ランニングスローが上手く出来ますか?
内野の中でも特にショートやセカンドには、時々当たり損ねなどの緩いゴロが転がってくるので、こうした時には前にダッシュして走りながらボールをとって投げないと、間に合わずアウトにすることができないことがありますね。

 

 

そのような時に軽やかなランニングスローでアウトを取りたいものです。
そして、ランニングスローのやり方やコツとしては、転がってくる打球によっても違ってきますが、例えば、セカンドの正面のボテボテのゴロを処理する場合なら、ボールをシングルキャッチでとって、投げる方向に体を向けはじめます。

 

 

この時に、頭は打球の真上に置いて捕球するようにするのがコツです。
そして、素早くグラブからボールを右手に持ちかえて、左肩を送球方向に合わせ、右腕はサイドハンドスローの体勢に移ります。

 

 

また、ボテボテのゴロなど打球が緩い場合は、捕球がベースラインより前になることから、体を切り返す動作が必要になります。
その為、左足を軸にして、少しジャンプしながら体を回転させるようにして、手首のスナップをしっかり利かせて、サイドスローで送球すると良いでしょう。

 

 

ショートの緩いゴロのランニングスローでのボールのさばき方も、セカンドがファーストに送球する場合と同じ動きになります。

 

 

なお、ランニングスローなどでは、いかに素早く正しい握りで送球ができるかで内野手の真価が試されますね。

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、基本は同じでも捕球後効果的な練習方法とコツが学べ、ファインプレーでチームメイトから信頼される内野手になれるでしょう。

 

握り損ねをしないための、内野手独特のボールの握り方の秘訣とは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集