ピポットプレー 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

ピポットプレーを上手くなろう

ピポットプレーが上手く出来ていますか?
野球でのピポットプレーというのは、2塁手や遊撃手などが、併殺(ダブルプレー)の際のベースの入り方から1塁に送球するまでの一連のプレーを称してピポットプレーと呼びます。

 

 

例えば、2塁べースをまたぎ、右足でベースを蹴るように送球したり、ベースを蹴って一歩後退して1塁に投げる、ベースを踏んでからジャンプしながら送球するなど、走者や味方と衝突しないように、その時々の状況に応じてやり方を変える必要が出てきます。

 

 

また、牽制時のベースへの入り方が下手で、ボールを後ろに反らしたり味方や走者と衝突してしまうこともあるでしょう。

 

 

その為、2塁手や遊撃手なら、できるだけ多くのピポットを習得し臨機応変のプレーが求められますね。
特にダブルプレーをとる際には、ランナーが自分の足を狙い、真正面に滑り込んでくることもあるので、それだけ捕球後の1塁への送球が難しくなります。

 

 

このようなランナーを避けながら送球する為には、2通りのピポットの対応が考えられます。
一つ目は、ベースを踏んでから、そこから体を引くようにステップバックして1メートル程度後退してファーストに送球する。

 

 

もう一つは、2塁ベースを踏んだ後にベースの向こう側(ショートなら一塁側に、セカンドなら3塁側)に1メートル程度ほどステップして送球するピポットプレーです。
ショートなら2塁ベースの後ろから回り込むようにして入り、その流れの勢いを利用して素早く送球をしましょう。

 

 

捕球後は、出来るだけ素早く投げる為に無駄なステップをとらず、ワンステップで送球するのが理想です。

 

 

いずれにしても、多くのピポットを習得する為にも、この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、ベースの踏み方と踏む場所、フットワークのコツが分かりやすく映像で解説してあるので、アウトにできる効果的な二塁・遊撃の動きを学び、鉄壁の二遊間を作りあげましょう。

 

ベースへの入り方が苦手で、味方同志や走者と衝突してしまう失策の防止法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集