トス 仕方 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

トスの仕方

ダブルプレーなどのトスが上手く出来ていますか?
内野守備は、ゲッツー時や、サードやファーストへ至近距離から送球する際に有効です。

 

 

トスの仕方には、順手、バックハンド(逆シングル)、グラブからの直接のトスがあり、様々な状況に対応できる守備力を磨く為にもトスの仕方をしっかり身につけておくことが大切です。

 

 

そして、まず順手トスは、グラブからボールを取りだして、相手に見せながらボールをキャッチしやすい胸あたりに低い真っ直ぐなボールを送ります。
この時に気をつけなければいけないのは、ボールが浮いたり、味方との連携のタイミングがずれないようにすることが大切です。

 

 

また、順手トスのコツとしては、手首を使わずにフォロースルーすることです。
次にバックハンドトスは、ゲッツーなどを狙う場面で良く使います。
例えば、セカンドが2塁ベース寄りの近くで捕球し、そのままの体勢でボールをグラブから素手の右手に持ちかえて、2塁ベースに入ってきたショートにコントロールよく短いトスを送ります。

 

 

バックハンドトスの仕方は、手首を固定して行うのがコツで、相手のグラブめがけて直線的なボールを送ります。
そして、一番難しいグラブトスは、ボールを手に持ちかえず、グラブに入れたまま相手に送る実戦でも良く使う技術です。
グラブの中での手の力の入れ具合などを覚えることが大切になりますし、グラブが向くほど手首を強く動かして送らないように注意する必要があります。

 

 

 

更に、高度な技術で難しいですが、バックハンド(逆シングル)のグラブトスも覚えておくと良いです。
セカンドがバックハンドで打球を捕り、2塁ベースに入ったショートに送球する時などに使います。
この場合は、打球を捕球したままグラブを広げながらトスを行います。

 

 

素手にボールを持ちかえてトスを行う時に比べてコントロールがつけにくいですが、ボールを持ちかえない分だけ速く送球できる長所があるので、しっかり練習をするようにしましょう。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、言葉で伝えにくいゲッツの仕方やコツ、練習方法がDVDの映像で分かりやすく学べ、様々な状況で対応できるようになれるでしょう。

 

ダブルプレーの為のショートトスが苦手でコントロールが定まらない時の練習方法とは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集