軟式野球 素早い送球体勢 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

軟式野球の守備は素早い送球体勢に入ることが大切

軟式野球での守備は、素早い送球体勢に入ることが大切ですね。
そもそも硬式と軟式野球の守備の違いは、ボールのスピードが大きく影響してくるんですね。

 

 

小学生や中学生などで使う軟式のボールは柔らかいので、守備の送球はもちろんのこと、打球なども全てスピードが遅くばってしまうのです。

 

 

したがって、軟式野球の守備は、より素早い守備が必要になってくるのです。

 

 

内野手にとって、打球が遅ければ、左右にきたゴロなども正面に追いつける可能性は高くなりますが、その分、浅いゴロなどの打球に対しては素早く処理しないと間に合わなくなってしまいます。
ボールの動きが遅いことで内野安打を許してしまことも増えてしまうので、捕球したら素早く送球体勢に入って、投げる動作に移ることが大切です。

 

 

特に軟式野球では、ダブルプレーも割と取りにくいものですよね。
これは打者の打ったボールが硬式に比べて遅くなるので、野手の手元に届くまで時間がかかり、その上送球も遅くなるからでしょう。

 

 

ということは、レベルが高い強いチームと戦えば、より大きな意味を持つようになってくるとも言えるでしょう。
特に小学生の少年野球や中学生の内野のプレーを見ると、捕球をしてから無駄な動きが多く、しかもスムーズに一連の動作に移ることが出来ていないことが多いように思います。

 

 

その為、まずは、無駄な動きをなくして、素早い送球体勢に入って、狙ったところに確実に投げられるようにすることです。
また、一生懸命に練習をしているのになかなか守備が上手くならないという選手も多く、そういう人は自分には才能がないと諦めてしまうことも多いものです。

 

 

ですが、才能がないために上達出来ないということはありません。
野球に限らず、何かを上達させるには、基本的な正しい練習を如何に繰り返し正確に行うかなんですね。
このことを忘れて、闇雲に練習を続けても思うように上達することが出来ません。

 

 

なお、この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、確実な捕球やランナーをアウトに出来る素早い送球はもちろん、野手のすべての動き方が映像の中でゆっくり分かりやすく説明してあるので、コツが掴みやすく、小学生の軟式野球からでも見て真似をして、それを繰り返し練習するだけで上達が見込めるでしょう。

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集