ダイビングキャッチ ライナー 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

ダイビングキャッチなどのライナーの捕球のコツ

ダイビングキャッチなど、ライナーの捕球がしっかり出来ていますか?
野球の内野のライナーは、瞬間的に反応しなければならないですね。しかも強烈な打球の勢いにグラブが弾かれないように確実に捕球する必要があるので、体の力を抜いて低い柔軟な姿勢で行う必要があります。

 

 

そんな内野のライナー捕球には、体の正面、左右、ダイビングキャッチがあります。

 

 

まず、正面のライナーは遠近感などが掴みにくいこともあり、意外に難しく、慎重に捕ろうとしすぎると体が硬くなり、打球の微妙な変化に対応しずらくなるので、両膝を柔らかくして、グラブを十分に開いて、右手を添えて打球に勢いに負けないように捕ります。

 

 

右へのライナーは、体の正面で捕球する時間はないので、右足に体重を移して、素早く左足を踏み出すことによって対応します。
一方、左へのライナーに対しては、姿勢を低くく維持したまま、体重を左に移動させてから右足をクロスさせて素早く踏み出して捕ります。

 

 

更に、ダイビングキャッチは、左右に飛んでくる速いライナーを、シングルでもバックハンドでも捕れない場合に、横にジャンプして飛び込みながらボールを掴む技術です。

 

 

そんなダイビングキャッチの仕方は、やや弓なりなって体と腕をいっぱいに伸ばし、着地の際のショックを和らげる為に、右手は下げて腕から着地していくのがコツです。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、それぞれのゴロやライナーの捕球の仕方や練習方法はもちろん、ダイビングキャッチで肩の脱臼などの怪我をしない為の注意点やコツが分かりやすく解説してあります。

アウトにできれば一番いいですが、ランナーが2塁にいる時などは止めるだけでも、ファインプレーになるので、この機会にしっかり出来るようにしておけば、チームから信頼され一目置かれる選手になれるでしょう。

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集