内野守備・上達革命DVD 清家政和 構え 練習法 コツ

内野守備の構え

内野守備の基本の構えは、キャッチボールと考え方は同じで、前後左右のどこにボールが飛んできてもすぐに動けるように、上半身、下半身共に力を入れ過ぎずに、リラックスして構えることが大切です。

 

 

内野守備の構えの理想としては、体の何処にも力が入っていない状態で、キャッチボールより、上半身の前への傾きを多少深めにとり、膝の曲がりも少し深めになるようにします。

 

 

どれくらい上半身を前傾し、膝を曲げるのかは、自分にとってボールガ飛んできた時に、最初の一歩目のスタートが切りやすい姿勢をとるのが基本の構えです。
人によって、違いがありますので、自分にとってスタートが切りやすい構えを探すことが大切です。

 

 

ですが、少年野球や中学野球で、膝に手を置いたり、極端に姿勢を低くして構える選手を時々見かけます。

 

 

確かに、姿勢を低くするすることはボールを後ろに反らさない為には必要で、ボールに食らいつくようで一見良いように感じますが、ボールが飛んで来た時にスタートが切りにくく、どうしても最初の一歩目が遅くなってしまいます。

 

 

以前は、プロ野球でもよく見られましたが、現在では、こういった内野守備の構えの選手はほとんどいなくなっています。自分の守備範囲を広くする為にも、スタートが切りやすい、リラックスした姿勢で構えることが大切です。

 

 

なお、ボールが飛んできた際には、自分のスタートを切りやすい方の足で素早く一歩目を出し、出来るだけ構えた時の目線の高さを変えずに、体を浮かせないようにして追うようにしましょう。
目線の高さが変われば、それだけ、打球を見誤る可能性が高くなります。

 

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集