内野守備・上達革命DVD 清家政和 キャッチボール 練習法 コツ

キャッチボールの基本

キャッチボールを単なる肩の準備体操だと勘違いしていませんか?

 

 

野球においてキャッチボールは基本と言われるように、投げることや捕る技術も上達する練習ですので、内野守備が上達する上でもキャッチボールをおろそかにしてはいけません。

 

 

例え、内野守備の練習をいっぱいやったとしても、大きな上達の進歩は望めず、それだけキャッチボールは基本がマスターできる大切な練習です。

 

 

そして、キャッチボールする際には、距離が近くても遠くても一球ごとに丁寧に投げ、捕ることを心がけて行いましょう。ボールを正しく握り、目標に向かって投げる、そしてどんなボールがきても捕るようにしっかり練習することがキャッチボールの基本です。

 

 

また、キャッチボールに慣れて来たら、クイックスローで素早く投げる練習もしましょう。
クイックスローは、キャッチボールと基本姿勢は同じですが、捕る際にクラブにもう片方の手を添え、ボールが入った瞬間にボールを握るようにします。

 

 

投げる方の手が近くにないと、素早くとって投げることは出来ません。キャッチボールでクイックスローをすることは、正確にボールを正しく握る練習にもなりますね。

 

 

ですが、投げる時の基本はきちんと守り、軸足を投げる方向に出し、目標に目線をそらさないなど正確に投げます。
正確にできないと、クイックスローの意味がなくなってしまいますので、基本を踏まえしっかりキャッチボールの練習をすることが、ひいては内野守備の上達にも繋がります。

 

 

下半身を動かして軽快なフットワークでリズムよく投げるようにしましょう。

 

 

やらなければならないフットワークを意識したキャッチボールのやり方を この清家政和監修の内野守備上達革命DVDDを見てマスターしてください。

キャッチボールの段階から意識しなくてはいけない内野手のためのフットワーク練習とは?

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集