内野守備・上達革命DVD 清家政和 ボールの握り方 練習法 コツ

正しいボールの握り方

内野守備にも必要な正しいボールの握り方が出来ていますか?

 

 

堅実な、いい守備をするためには正確なスローイングは欠かせませんね。では、どのようにすれば良いスローイングができるのでしょうか?

 

 

その一番のポイントとしては、投げる際のボールの握り方です。
よく投手でも、「ボールの指のかかりがいい」とか言いますが、内野手もスローイングなどのボールを投げる時には、ボールへの指のかかりを意識するようにすることが大切です。

 

 

いくら肩や手首が強くて良いフォームで投げても、ボールの握り方が悪ければ、コントロールも定まりませんし、回転のいい球を投げることができないので、速い球を投げることが出来ません。
ですので、ボールを正しく握ればスピードやコントロールの良い球が投げられるようになるのです。

 

 

ボールの正しい握り方の基本は、軟式も硬式ボールも変わりません。
中指と人指し指の腹をボールの縫い目に掛けて、その間を指1本分開け、親指は2本の指を支えるようにし、薬指と小指を曲げてボールの横を軽く支えるようにします。

 

 

また、ボールに手のひらをつけてしまうと、投げる時にボールが手から離れにくいので、少し間があくように握ります。
そうすることで、縫い目に2本の指がしっかり引っかかり、投げる時にボールの回転が増してスピードやコントロールも安定します。

 

 

普段から、クラブに入ったボールを素早く、正確に握ることを意識して練習するという誰もが普段なにげなくやっていることですが、意識することを続けることで、自然と指が上手くかかるようになってきます。

 

 

ですが、小学校の低学年の場合は、まだ手が小さくてボールの縫い目模様に人さし指と中指をかけただけでは安定して球を握れないということもあると思います。
そのような場合は3本の指を使い、人差し指と中指、薬指を縫い目模様に均等にかけ、その真下に親指をおき、しっかりと小指でボールをおさえるようにすると良いでしょう。

 

 

また、時間があれば寝転んだ状態でボールを真っ直ぐ上に投げることをやってみて下さい。
これも指のかかりを意識して行います。ボールに回転がきれいにかかっていれば、真っ直ぐに上にあがって落ちてきます。自宅でも空いた時間にできるので、ボールに出来るだけ触る機会を増やすようにすることも上達の近道と言えるでしょう。

 

 

清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、ピッチャーとは異なり自分で握りを確認できない内野手でも、 捕球後のグローブの中での素早い動作で良い回転の送球を生み出す皆が知りたがる練習方法が分かります。

良い回転のボールが投げられない選手がやっている悪い握り方の癖とは?

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集