内野守備・上達革命DVD 清家政和 セカンド 練習法 コツ

セカンドの構え方

一般的に内野手の構えというと低く腰を落とすように構えるように教えてしまいがちですが、セカンドの構え方は腰をあまり深く落とさなくても良いです。

 

 

セカンドは、二塁や一塁ベースのカバーに入ることや、ピッチャーの横を抜けたゴロのバックアップなどもありますので、腰を深く落として構えてしまうと、はじめの一歩目の出だしが遅くなります。
したがって、内野手の中では、腰の位置が最も高い位置で構えるようになります。

 

 

具体的なセカンドの構え方としては、両足は肩幅より開き、右足は少し引いて膝を曲げた状態で両手は体の前に出してリラックスさせます。

 

 

クラブの中に入って入る指先は、軽く伸ばして地面に向けるようにし、バッターのスイングを見るようにして構えます。

 

 

また、セカンドの守る位置の基本は、1・2塁間の2塁ベース寄りになります。特に小学生の低学年なら、飛んでくる打球もそんなに強くないので、1・2塁間を結ぶラインよりも少し後ろで守るのが良いでしょう。
腰を落として構えて、2塁ベースが視界に入るくらいの位置が丁度いいと思います。

 

 

また、セカンドゴロの捕球や送球は、サードやショートに比べ、1塁への距離が近いので、ゴロの捕球処理も慌てずに、しっかりと飛んでくる打球を捕り、確実に1塁に送球します。

 

 

ですが、投げる方向が真横になるので、右足を一歩前に出して1塁方向に直角になるようにステップして、次に左足を投げる方向に真っ直ぐにステップして投げるようにすると良いでしょう。

 

 

清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、牽制の時のベースへの入り方が苦手で時々味方や走者と衝突してしまうが解決法や、二塁手が気をつけるべき遊撃手との連携など、セカンドの守備が上達する為のコツが分かります。

 

 

短期間で内野守備が上達するコツが満載!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集