内野守備・上達革命DVD 清家政和 けん制の入り方 練習法 コツ

けん制の入り方

けん制の入り方が上手く出来ていますか?
2塁にランナーがいる場合には、リードを大きくとらせない為に時々ベースに入って牽制をしますね。

 

 

ピッチャーがけん制球を投げなくても、セカンドやショートがランナーのスキを見てベースに時々入るだけでも、ランナーにリードをとりにくくする効果があります。
そして、ピッチャーがタイミング良く上手く牽制球を投げられればタッチアウトにすることも出来ます。

 

 

ですが、セカンド、もしくはショートがピッチャーとのけん制球の呼吸が合わなければ、ボールがセンターへ抜けてしまい、かえってピンチを招いてしまいます。
したがって、日頃の練習から牽制の入り方をピッチャーと呼吸を合わせられるように練習しておくことも必要です。

 

 

けん制に入るときは、ランナーの動きがどうしても気になるものですが、まずはピッチャーからの送球を確実にとり、後ろにそらさないようにすることが大切です。

 

 

そして、ボールを捕球したらランナーを見てタッチするのではなく、セカンドベース前(サード側)にグラブを置いて、ランナーがくるのを待ってタッチします。

 

 

また、2塁ベースに入る時は、ベースを踏むのではなく、両足の間にベースを置くようにまたいでキャッチし、ベースの前にグラブを置いてランナーをタッチするようにしましょう。

 

 

清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、けん制の入り方から、ランダンプレイ(塁間にいる走者をアウトに しようとする守備側のプレイ)の効果的な練習方法、始動のコツまで分かりやすく解説してあります。

 

短期間で内野守備が上達するコツが満載!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集