ゲッツー フィールディング 内野守備・上達革命DVD 清家政和 セカンド 練習法 コツ

セカンドゲッツーの為のフィールディング

二塁手のフィールディング には、速さと正確差の両方が必要になるなど、高度なスキルが要求されますね。
その中でもダブルプレーでのセカンドゲッツーは基本となるので、その際のフィールディングはしっかり出来るように身につけておくことが大切です。

 

 

例えば、ランナーが1塁にいてセカンドがゴロを取って、二塁へ送球しゲッツーを狙う場合は、ランナーとの接触に気をつけながらダッシュしで打球に向かって行き、ボールを良く見て捕球し、キャッチャーのセカンド送球の指示があったら、ショートの動きを確認します。

 

 

そして、ボールの握りを整えながら2塁ベースに向けて左足を大きくステップして、ショートの顔当たりに速い球を送球します。また、2塁まで距離が近い場合はトスをします。

 

 

その際は、ボールを良く見て捕球し、右足しのつま先をやや外に向けておきます。
ボールを右手に持ちかえながら、2塁ベースに体を向かせ、ショートにボールを見せて、足を踏み出すタイミングに合わせてボールをトスし、ショートの一塁送球の邪魔にならないようにそのまま前に出ます。

 

 

今度は、逆にダブルプレーでショートからの送球を1塁に転送する場合は、捕球してから送球する為に大きく体の向きを変えなければならないといけないので、そこでもたついてしまうと1塁のアウトをとれなくなってしまいますね。
とは言っても、体勢が整わないままに投げてしまうと暴投になるので注意が必要でしょう。

 

 

基本的なやり方としては、ショートの動きを見ながらベースに入って、右手をクラブに添えて捕球します。
左足でベースを踏んだら、ボールを右手に持ちかえながらベースを踏み越え、ステップを踏んで向きを変えます。
そして、1塁方向に大きく踏み出して、イチ、ニ、サンのタイミングで肩を大きく回して素早く送球します。

 

 

また、ショートからの送球がそれた時には、左足を大きく踏み出してキャッチして、ボールを持ち替えながらベースを離れて向きをかえて、左足を一塁に向けて踏み出して、後は同じように投げます。
この時に早くボールを捕ろうとして足がベースから離れないように気をつけましょう。

 

 

なお、ランナーとぶっからないようにする為に、捕球後はベースから一旦離れるようにして下さい。ベース上で右足を軸にして、右回りに体を回転させて一塁方向に向きを変えようとすると、走ってくるランナーとぶつかりやすくなります。

 

 

二塁手が気をつけるべきゲッツーの為のフィールディングのコツと練習法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集