二塁盗塁 タッチプレー 内野守備・上達革命DVD 清家政和 セカンド 練習法 コツ

二塁盗塁時のランナーへのタッチプレー

二塁盗塁時のランナーへのタッチプレーが上手く出来ていますか?
一塁ランナーが盗塁を行い、二塁ベースに走って来たら、セカンドは二塁ベースに素早く入り、キャッチャーからの送球を受けてランナーにタッチしますね。

 

 

ですが、2塁手がセカンドベースにスタートするのは、あくまでピッチャーの投げたボールがホームプレートを通過した直後でないといけません。
何故なら、バッターがバットを振る前に二塁ベースに入ってしまうと、弱いポテポテのゴロでもヒットになってしまうからです。

 

 

したがって、セカンドの盗塁時のランナーへのタッチプレーのやり方は、一塁ランナーが盗塁したら、投球がホームプレートを通過した直後にセカンドベースへ走って入ります。

 

 

そして、二塁ベースの手前でキャッチャーからの送球を待ち、送球のコースに体を持っていき、ベースをまたぎながら送球をキャッチし、走ってくるランナーの足にタッチします。
また、通常は両足で二塁ベースまたいでタッチしますが、その時になるべく足の位置はピッチャーよりのベースの前が良いです。

 

 

ベースの後ろに足をおくとランナーがベースに入りやすいからです。
なお、併殺時と同じく、盗塁を防ぐには二塁手と遊撃手のハイレベルな連携は不可欠です。

 

 

ランナーの二塁盗塁時の遊撃手との連携がうまくできない二塁手の意識すべきことは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集