バント 一塁ベースカバー 内野守備・上達革命DVD 清家政和 セカンド 練習法 コツ

セカンドのバント時の一塁ベースカバー

セカンドはバッターがバントをしてから、一塁ベースカバーに走らなければいけませんね。
例えば、その回に一つもアウトがとれておらず、ランナーが一塁にいるケースでは、相手チームはランナーを二塁に進塁させようと送りバントをしてくることが十分に考えられます。

 

 

その為、一塁手が前にダッシュした、セカンドは一塁のベースカバーに走って、打者走者をアウトにしなければいけません。
とは言え、あまり早くに一塁方向に走り出したり、度を超えて一塁に寄りすぎてしてしまうと、センター方向にヒットを打たれやすくなってしまいます。

 

 

そうなると、当然、2塁でのフォースプレーやゲッツー(ダブルプレー)もとりにくくなってしまいますね。

 

 

したがって、相手のバントが考えられる場合でのセカンドの一塁ベースカバーは、バッターがバントの構えからヒッティングに切り替えてくることもあるので、あくまで相手バッターがバントをして、バットにボールが当たる瞬間に一塁ベースカバーに動き出すようにしましょう。

 

 

そんなセカンドのバント時の一塁ベースカバーの方法としては、基本的には無死や一死でランナーがいる一塁にる場合には、通常の定位置より、バントに備えて2、3歩前に出て守ります。

 

 

バッターがバントの構えをしたら、そこから更に一歩だけ前に出て、バッターが実際にバントをしたら、2歩目を一塁方向に向けてスタートを切り、打球が転がるのを確認して、一塁のベースカバーへ走ります。

 

 

そして、左足で一塁ベースを踏んで、打者に当たらないように送球されたボールをラインの内側で受けまるようにします。
いずれにしても、セカンドのポジションはやることが多いので、しっかり状況判断をして適切なプレーが出来るようになりましょう。

 

 

ダブルプレーでの送球、ベースの踏み方などが映像で分かりやすく解説してあります!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集