送球がそれないようにする 内野守備・上達革命DVD 清家政和 セカンド 練習法 コツ

送球がそれないようにするには?

送球がそれてしまうということはありませんか?
例えばセカンドを守っていて、バックホームする時に送球が右にそれてしまうということも少なくありませんね。

 

 

その原因として考えられるのは2つあります。一つ目は投げようとする方向に踏み出す足がしっかり向いておらず、開いた形でステップしていることです。
そうなると当然左の肩も開いてしまい、投げるボールの多くはシュート回転がかかって、投げ手から見て右側に反れてていきます。

 

 

したがって、投げようとする方向に踏み出す足を向けて、真っ直ぐにステップして投げるようにしましょう。
二つ目は、送球する際に軸足を後ろに引いて、そこからステップして投げることでしょう。

 

 

これは特に少年野球の選手に多く見られますが、このようにボールを捕ったところから下ってしまうと、目線も動いてしまい右側に反れやすくなってしまうんですね。
その為、ボールをキャッチしたところから目線を動かさないようにして、軸足である右足を前に出して、そこから左足を真っ直ぐにステップして送球することが大切です。

 

 

このことは内野の全ての選手に言えることですが、キャッチボールから捕ったら、まずは軸足を必ず1歩前に出して投げることを意識して行うことです。
いずれにしても、真っ直ぐに軸足を前に出して投げることが基本で、この2つのことを意識し行えば、送球がそれないで、正確で強いボールが投げられるでしょう。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、キャッチボールから始まり、送球のコントロールをレベルアップさせる練習方法を映像で分かりやすく解説してあるので、これを見てしっかり実践すれば送球の正確性はグンと向上して、チームの守備の要になることが出来るでしょう。

 

内野手向けの送球のコントロールをレベルアップさせる練習方法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集