セカンド スローンイング 練習 内野守備・上達革命DVD 清家政和 コツ

セカンドのスローイングの練習

セカンドのスローイングが上達する練習をご存じですか?
セカンドを守っていて、捕球からスローイングまで流れるようなプレーが出来ていない選手も少なくありませんね。

 

 

特に小学生や中学生に多いのが、ゴロを捕ってからスローイングに繋げる動作が上手くできずに、一度足の動きが止まってしまうということでしょう。

 

 

そもそも野球の内野手の守備は、ステップ&スローと言われるように、ボールを捕ることと投げるという動作を足のフットワークを使って連動させて送球しなければいけません。

 

 

ゴロを追い掛けて捕ったら、その流れでステップして一塁に送球した方が力強い球を投げられますし、送球の投げる距離も短くなりますよね。

 

 

ですが、ボールを捕った後に足の動きが一度止まってしまうと、そこからまた足を踏み出して、一塁に体を向けなおして投げなくてはいけなくなり、それだけ送球までの時間が掛かってしまいますし、足が使えない分だけ肩の力も必要になるわけです。

 

 

ただ、セカンドは他の内野のポジションと違って一塁までの距離が近いので、打球を正面で捕ったら、そのままステップすれば一塁に向いているので、焦らずにステップ&スローを身につけるだけで、フィールディングは出来るようになれます。

 

 

そんなセカンドのスローンイングの練習方法として効果的なのが、近くからボールを手で転がしてもらって、捕ったらサイドステップして、タイミングを合わせて一塁に送球することです。
最初は、ステップが多くなると思いますが、徐々に3回で投げていたのを、2回という具合にステップの数を減らして行き、最終的には1回で投げられるようにリズム感を養っていくようにすると良いでしょう。

 

 

また、これはゴロでなくても近くからトスをしてもらって、同じように練習しても構いません。
なお、正しいステップが出来ているのに暴投している人もいるかもしれませんが、これは投げようとする時に最後の一歩で、右投げなら体重を軸足の右足に乗せすぎて投げていることが考えれます。

 

 

このようになると、遠くにボールを投げるような投げ方になってしまい、結果的に足が止まってしまうスローイングになり悪送球になってしまうのです。
特に、内野間で最も長い距離を送球する三塁手の暴投は致命傷ですし、ショートも一度足が止まってリズム良く投げれないと、送球が遅れてアウトに出来ないケースが増えてしまうので、しっかりスローイングの練習をすることが大切でしょう。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、ショートやセカンドのダブルプレーでのスローイングでのコツや注意点などはもちろんのこと、三塁手が安定した送球ができるスローイングを身につけたマル秘練習方法も学べます。

また、内野のトレーニングも紹介してあり、親子や友達で2人で出来るものなので、自宅で行う自主トレにも最適でしょう。

 

スローングのコツや練習法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集