セカンド 二塁への送球 内野守備・上達革命DVD 清家政和 セカンド 練習法 コツ

セカンドの二塁への送球の仕方

セカンドの二塁への送球の仕方が上手く出来ていますか?。
例えば、ランナーが一塁にいて正面のゴロを捕って二塁へ送球する場合、右足を後ろに引いて体を二塁に向けて送球します。

 

 

というのも、ボールが投げやすいですし、捕球者も見やすいからです。
この時には、左足を右足より前に出した体勢でボールを捕球し、グラブを引き上げながら右足を後ろに引いて、左足を軸にして体を右に反転して体を二塁に向けます。

 

 

体重は左足にかけたまま、右手をテイクバックし、手首を柔らかく使ってコンパクトに投げます。
ただ、送球する時に手投げになってしまうと、ショートがボールが取りにくいので、しっかり相手にボールを見せて投げることが大切です。

 

 

ゲッツーなどで時間的に余裕がない時は、足はそのままで上体だけを捻って送球する場合もあります。
また、左方向のゴロを捕る場合は、左に体が流れているので、その動きを一旦止めてから送球に繋げたほうが良いでしょう。

 

 

この時には、左足を前に踏み出した体勢で捕球し、クラブを引き上げながらそのまま右足を進行方向に出して、その右足の踏ん張りで体の流れを止めて体の横の流れる動きを止めて、体を左反転して左足に体重を移動しながら二塁にサイドかスリークォーターで送球します。

 

 

特にセカンドの二塁への送球などの短い距離の送球は、手だけでなく、膝を使うと安定してボールが投げられ、捕球者も捕りやすいでしょう。
いずれにしても、セカンドの二塁への送球は、身体を回転させて正確な送球を二塁ベース上に行う必要があります。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、ダブルプレーでの2塁への送球のやり方やベースの踏み方などがわかりや好く解説してあります。

少年野球ではゲッツーなどでの、セカンドの二塁へのショートスローなどの送球のやり方などはあまり教えてくれないので、この機会にしっかり学べば、捕球から送球までの流れがスムーズになり、はたから見ても綺麗な堅実な守備が身につき、チームから一目置かれる守備の要になれるでしょう。

 

二塁手が気をつけるべきゲッツーのためのフィールディングとは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集