間一髪の時のセカンドのダブルプレーのやり方

間一髪の時のセカンドのダブルプレーのやり方

セカンドのダブルプレーでは、サードやショートからの送球を受けて一塁に転送しますが、その際にランナーと2塁手の塁に触るタイミングが間一髪と言う時があります。

 

 

このような時には、ランナーと接触を避けないと思わぬ怪我をしたりすることもあります。
その為、送球直後にジャンプするようにしましょう。

 

 

そんな間一髪のセカンドのダブルプレーの一連のやり方の流れとしては、きわどいタイミングなのでベース前(ダイヤモンド内のピッチャー寄りの位置)に出る余裕がないので、ベースの手前で送球を待ちます。

 

 

そして、右足をベースにつけながら体をひねり、一塁送球の体勢に入ります。
送球直後に左足に重心をかけて、そのまま左足でジャンプをし、右足も曲げてランナーのいないところに着地します。

 

 

基本的にはセカンドは左足でベースに入るようにしますが、この時にあまり飛んで入ってしまうと投げる際にファーストの角度が背中を向くようになり投げにくくなります。
その為、出来るだけベースの中でファーストの正面に膝を向けて投げるようにしましょう。

 

 

ただ、この時には膝が外側や内側を向きすぎていると、ランナーにスライディングされた時に、大怪我をする恐れがあります。
ですが、正面ならある程度強いので大怪我をする可能性は低くなります。

 

 

いずれにしても、送られてくるボールが反れたりして、正面にくるとは限らないので、状況に応じて上手くフットワークを使うことが大切でしょう。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、ダブルプレーでのショートスローからベースの入り方(踏み方)、トスの仕方、フットワークの使い方まで分かりやすく解説してあるので、よりアウトを確実にとれるようになってくるでしょう。

 

ダブルプレーのフィールディングの練習方法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集