内野守備・上達革命DVD 清家政和 ショート 練習法 コツ

ショートのタッチプレー

ショートのタッチプレーには、盗塁やけん制などの場合がありますね。盗塁でのタッチプレーはセカンドかショートが2塁ベースに入りますが、あらかじめどちらが入るのかケースによって決めておくと良いです。

 

 

例えば、右バッターならセカンド、左ならショートというようにするのもひとつのやり方ですね。
また、ショートの盗塁でのタッチプレーは、セカンドベースにそのままの体勢で入ってランナーをタッチできる良さがありますが、2塁手は体をひねるようにしてタッチするようになります。

 

 

ショートのタッチプレーのやり方としては、そのままセカンドベースをまたいでキャッチャーからの送球を受け、ベースの前(一塁側)にグラブを置いてタッチします。
まずは2塁ベースに素早く走り、キャッチャーの送球を受けるのに合わせてセンター方向のベースの後ろ側に左足、ホーム方向のベースの前側に右足をおいて、またいでタッチします。

 

 

また早くキャッチャーからの送球を捕ろうとして、ベースをまたがないで2塁ベースより前に体を入れてしまうと、ボールを捕球してからグラブを後ろに流すようになり、ランナーにタッチしずらくなります。(追いタッチのようになる)

 

 

一方、ランナーがセカンドにいる場合のけん制に対するタッチプレーは、盗塁の場合とは逆に、回り込むようにしてベースに入ります。
やり方としては、ランナーの視界から消える位置に入り、隙をみて二塁にダッシュしてベースに回り込んで左足でベースをまたぐようにしてピッチャーのけん制球を受け、ベースの前(3塁側)にグラブを置いてタッチします。

 

 

盗塁や牽制などはランナーが滑り込んだりしてくるので、タッチする際は足でベースをブロックして走路をふさいでしまうと怪我をすることがあるので、必ず空けておくようにしましょう。

 

 

いずれにしてもショートはランナーから見えない位置から動けるので、2塁手とコンビネーションを上手くとることでタッチアウトにすることを増やすことが出来るでしょう。

 

 

清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、タッチプレーでのラインの○○側を意識したベースの踏み方と踏む場所。それに注意したフットワークのコツが分かり、アウトにできる遊撃手効果的な動きが学べます。

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集