正面の緩いゴロ やり方 内野守備・上達革命DVD 清家政和 ショート 練習法 コツ

正面の緩いゴロの処理のやり方

ピッチャーの横を緩く転がってくるゴロの処理が上手くできますか?
ショートなら、そのようなゴロに対しては、猛ダッシュで近づいて捕球し、そのままの姿勢で一塁に送球しないと間に合いませんよね。

 

 

ここで大切になるのは、捕球する時に重心を決して後ろに移さないようにすることです。
あくまで走り込んだた前傾姿勢のまま捕球して、送球しなければいけません。

 

 

そんなショートの正面の緩いゴロの処理のやり方の一連の流れとしては、打球に向かって猛ダッシュして、そのままの前傾姿勢のまま捕球体勢に入り、ボールをキャッチしたらクラブを引き上げ、送球方向を見ながら、右足を送球方向に直角にステップします。

 

 

そして、左足を送球方向にステップしながらボールを握っている右手をテークバックして、素早く投げます。
いずれにしてもショートはセカンドと同じように守備範囲が広く、しかも一塁への距離が遠くなるので、俊敏なフットワークと強い肩が必要になります。

 

 

捕球する時もセカンドやサードのように腰をどっしりと落としてしまっていると内野安打になるなど、間に合わなくなってしまいますね。
その為、直ぐに送球が出来るように前傾姿勢のまま捕球することが都合がいいわけです。

 

 

そうすると、当然、構える時も腰を浮かせぎみにして、前傾姿勢で構えるようにしたほうが良いでしょう。

 

 

なお、この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、フットワークはもちろん、構えとスタート、グラブの捌き方、ゴロの捕球からスローイングまで、そのやり方やコツなどが映像で分かりやすく解説してあります。
これは出来ているつもりでも、上手くやっていない選手が多いので、守備が上達したいなら必須でしょう。

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集