内野守備・上達革命DVD 清家政和 サード 練習法 コツ

サードの強い打球のとり方

サードのポジションは、3塁ベースよりも前に構えることもあり、バッターとの距離も近く引っ張られて強くて速い打球がくることも多いですね。

 

 

その為、強い打球が来た時には、ボールを怖がって逃げずに、打球に突っ込んでとるくらいの積極的なプレーが必要です。強くて速い打球が多くくるサードは、内野の中でも一番低い姿勢をとって構え、後ろに反らさないという強い気持ちで、捕れなくても体に当てても止めるようにしましょう。

 

 

打球が早い場合は、顔をそむけてしまいがちになりますが、そうすると後ろにそらしてしまうことも多くなりますので、体に当てて前に落として拾ってからでも十分に間に合います。

 

 

そして、サードの守備で強い打球を捕って送球までのやり方としては、強くて低いバウンドのゴロがきたら、腰を十分に落としてボーに向かって行き、右膝は地面につけるくらい曲げ、しっかりボールを見て、胸でボールをおさえるように前に出して、後ろにそらさないようにします。グラブに入ったら右手を添えて落球を防ぎます。

 

 

そして、左足に体重をかけて一塁に向けて体重移動をし、右足を引き寄せてサイドステップして、一塁に思い切り腕を振って送球するようにします。(また、ランナーがいる場合は状況によっては2塁に投げます。)

 

 

また、アウトカウントがツーアウトの場合には、定位置よりライン際を抜かれないように、サードベース寄りに構えるようにします。
仮に三遊間を抜かれたとしてもシングルヒットですが、強い打球で3塁線を抜かれてしまうと長打になる可能性が高いからです。

 

 

したがって、ベース上の強い打球が来ても飛びついて捕れるくらいの位置に構えるようにしましょう。
なお、3塁手で左方向への打球対応が比較的得意という選手が多く見られますが、安定的な守備力の定着には両足の重心の置き方にも重要なキーポイントがあります。

 

 

三塁手が気をつけるべき右足の重心の置き方とは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 

 

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集