3塁手 ランナーがにいる場合の構え方 内野守備・上達革命DVD 清家政和 サード 練習法 コツ

3塁手のランナーがにいる場合の構え方

ランナーがにいる場合の構え方はどのようにしていますか?
例えば、三塁にいるランナーは危険をおかしてまで大きなリードはとらないものですが、アウトカウントが2アウト以外でなければ、全く牽制しないという訳にもいきませんよね。

 

 

何故なら、牽制をしてランナーをベースに釘付けにしておかないと、内野ゴロでもゆうゆうとホームに帰られてしまうからです。
その為、3塁手は2アウト以外は牽制に備えてベースにつき、ピッチャーの投球と同時に3塁ベースを離れ定位置について構えるようにします。

 

 

また、ランナーが2塁から走ってきてタッチする時には、ベースにまたいでタッチするのが基本です。

 

 

ですが、三塁のランナーの牽制はそんな余裕はないので、右足でベースの角に足をつけてピッチャーを見て牽制球を受けるようにして、ボールを捕ったらグラブをベース近くまで下げてランナーの足にタッチします。

 

 

なお、サードはバッタと距離が近いこともあり、強い打球も良く飛んできます。
だからといって、後ろで構えていたのでは緩いポテポテのゴロが転がってきたらセーフになってしまうので、定位置は3塁ベースよりもやや前で、強い打球に備えて低い姿勢をとって構えるようにしましょう。

 

 

内野手が必ずマスターしなければならない構えのポイントをお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集