サード 守備位置 内野守備・上達革命DVD 清家政和.練習法 コツ

サードの守備位置

サードの守備位置はどのようにしていますか?
サードはホットコーナともとも呼ばれ、右バッターの強いゴロやライナー、三遊間に飛んだ難しい打球、更には左バッターの思い切り引っ張られた三塁線の打球をさばけるかどうかなど、上手い三塁手がいるかどうかで失点が大きく変わってきますね。

 

 

また、左打者の流し打ちやセーフティーバンにも十分に注意を払わないといけません。
このように三塁ベースライン付近の深いポジションから、三遊間の二塁ベース寄りの浅いポジションまで、状況に応じて守備値を変えなければいけないのです。

 

 

サードの守備位置は、高校野球などの硬式ボールを使うならベースから3〜4m横あたりで、2〜3メートル後ろが一応の基準ですが、少年野球などの軟式ボールでは硬式に比べて打球が飛ばないので、ベースより少し前あたりにすると良いでしょう。

 

 

ですが、バッターの特徴やアウトカウント、更にはランナーの状況だったり、ピッチャーの投げるコースなども、いつも確認しながら守備位置を移動することが必要です。

 

 

特に三遊間の打球をさばくのがうまい三塁手がいると、ショートの逆シングルキャッチなどの難しい打球が減り、それだけ二塁方向の守備範囲が広がるので、ショートまかせにせずにサードが捕球すべきでしょう。

 

 

何より三塁手は捕球さえ出来れば、比較的に一塁への送球はしやすいので、腕を思い切り伸ばして、シングルキャッチで確実に捕球するようにしましょう。

 

 

このようにサードの守備範囲は、内野手の中でも守備位置を移動する機会が多いので、あらかじめボールが飛んでくるコースを予想してポジションを移動したり、左右どちらの方向への打球にも素早くて対応できるようにしなければいけません。

 

 

エラーしないチームから信頼される三塁手になれる方法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集