サード バント処理 内野守備・上達革命DVD 清家政和 サード 練習法 コツ

無死二塁のサードのバント処理

無死二塁のサードのバント処理が上手く出来ていますか?
このような場面でランナーが二塁にいる時は、たいていは相手がバントをして、ランナーを三塁に進めようとしてくるものですね。

 

 

その為、サードは素早い判断と機敏な動きが必要になります。
まずは、あらかじめベースよりも前で構え、バッターがバントの構えをしても、直ぐにスタート出来る準備だけで前には出ないようにすることが大切です。

 

 

何故なら、ここでバントの備えて前に出てしまうと、三塁ベースに誰もいなくなって、二塁ランナーに楽に盗塁を許してしまう恐れがあるからです。
したがって、三塁手が前にスタートを切るのは、バントをした瞬間で良いでしょう。

 

 

打球が強ければ、一気にダッシュして打球の右側から回り込んで、一塁に送球します。
逆に打球が弱い場合は、ピッチャーに任せて、三塁手は素早くサードベースに戻り、ピッチャーからの送球を待つようにします。

 

 

この時には、三塁ベースをまたいで上半身をピッチャー方向に向け、ピッチャーの送球を受けたらベースの前にグラブを下ろして、滑り込んでくる二塁ランナーの足にタッチするようにしましょう。

 

 

なお、このようなランナーが二塁にいる際に、一塁への送球がが暴投にになったら致命傷になってしまいますね。
それでなくても、内野間で最も長い距離を送球しなければならない三塁手は、どんな場合でも正確にアウトに出来るスローイングの技術を身につけることが大切です。

 

 

この元・西武・楽天イーグルス 内野守備コーチ清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、暴投ばかりしている三塁手でも、どんな場面でも安定した送球で正確にアウトにできるようになる練習法が映像とメールサポートで分かりやすく学べます。

 

暴投やエラーしないチームから信頼される三塁手になれる方法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集