正面のゴロ 足を合わせる 内野守備・上達革命DVD 清家政和 サード 練習法 コツ

正面のゴロに足を合わせるには?

左右への打球なら多少速くても捕球できるが、正面の速いゴロがくると、上手くバウンドに足を合わせることが出来ないという悩みはありませんか?

 

 

特にサードを守った経験がある人なら分かると思いますが、正面の打球というのはバウンドが合わせずらく、嫌なものなんですよね。

 

 

そんな正面のゴロに足を合わせられない原因として、まず考えれるのが、バッターが打った瞬間に守備位置で体が硬直してしまうことがあるからでしょう。

 

 

これは、バットにボールが当たるインパクトの瞬間に1歩目が踏み出せず、固まってしまうからです。
「速い打球が来たら嫌だな」と思っていることも関係しているでしょう。

 

 

そういう場合には、守備位置を少し変えてみるのも一つの方ほです。
今の守備位置で、ハーフバウンドが比較的に多くくるようなら、一足分下がって少し変えてみると、ワンバウンドのリズムも変わったり、ゴロの跳ね方も変わって見えたりするんです。

 

 

いずれにしても、自分でどんな打球がきても大丈夫と思える守備位置を見つけることです。
そうすると心にも余裕が出てきますね。

 

 

また、練習方法としては、軟式のテニスボールなどの柔らかいボールを使って行ようにすれば、恐怖心がないので動きがかなり変わってきます。
近い距離から、手前で大きく跳ねるワンバウンドやショート、ハーフバウンド投げてもらい、それを捕球して、感覚を掴むのも良い練習になります。、

 

 

胸より高いようならグラブの指先は上を向けて捕球するようになりますし、その他のゴロは下から上へとグラブを返して捕球しなければいけません。
これを繰り返し、グラブさばきを確認することが大切です。

 

 

この練習をすることで、積極駅に前に出られるようになり、正面のゴロに足を合わせられるようになってくる筈です。そして、慣れて来たら、少しずつ距離を伸ばして行うと良いでしょう。

 

 

その際には自分の守りやすい形を見つけることがポイントです。
打者に対して面と向かって構えていると、正面に速い打球が飛んできたときに、距離感が測りにくいのです。

 

 

守備位置を全体的に下げるのか、それともやや右足を引いて構えるようにするのか。あるいは左足を下げるようにするのかといった具合に、守りやすい形を見つけましょう。

 

 

片方の足を引いて半身になると、真正面の打球に角度がついて、自分に向かってくる正面の打球が線ではなく、立体的に見えてくるので打球のバウンドの状態や速さなどが捉えやすくなり、正面の強いゴロなどにも足を合わせやすくなります。

 

 

なお、斜め後ろから立体的にみても、ステップを踏んで捕球するので体の正面で捕球するようになります。

 

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

確実にエラーが激減します。

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集