内野守備・上達革命DVD 清家政和 ファースト 練習法 コツ

ファーストの守備

ここでは、ボールを確実に捕球しなければならないファースト(一塁手)の守備について解説しています。
上達の参考になれば幸いです。

ファーストの守備記事一覧

ファーストの捕球のコツ

ファーストは堅実な守備が求められ、様々な角度からくるボールを捕球しなければいけませんね。とは言え、ワンバウンドしてきたりするボールは止めるだけでも大変なうえに、横に逸れたりと捕球が難しいものですが、一塁ベースにすぐに入れるように、守備位置から必要以上に離れずに、少し余裕をもってベースに入れるようにし...

≫続きを読む

 

ファーストの状況別の守備位置

ファーストはその時々の状況によって守備位置を変える必要がありますね。基本のファーストの守備位置は、1塁ベースの近くを守るのが基本ですが、例えばランナー2塁で送りバントの可能性がある場合などは、あらかじめベースよりも前に構えるようにして前進守備の体制をとり、バントされたら素早くダッシュしなければいけま...

≫続きを読む

 

ショートバウンドの処理の仕方

ショートバウンドの処理が上手く出来ていますか?試合では、その時々の状況によって危険を冒すのか、それともボールを後ろに逸らさないことを考えて安全第一で確実に取りにいくのか判断をする必要がありますね。そんなこともあり、内野手でショートバウンドに対して苦手意識がある選手も多いものです。特にファーストは、ラ...

≫続きを読む

 

ハーフバウンドの捕り方のコツ

ファーストの守備で難しいものの一つがハーフバウンドになって左右にそれた送球ですね。1塁手はこのボールを、身体を張ってでも前にボールを落として、後ろに決してそらしてはいけません。一塁ベースにランナーを押しとどめる必要があるからです。その為には、ハーフバウンドボールに対して恐れずに、顎を下げて目でしっか...

≫続きを読む

 

ファーストの牽制級の受け方とタッチ

ファーストは一塁にランナがいる時は、ベースについてピッチャーからの牽制球を受けて、ランナーに素早くタッチしなければいけませんね。その為には、ピッチャーにファーストミットの中をみせて、投げる目標をしっかり示すことが大切です。膝は軽く曲げて投手よりのベースの角を踏んで、ピッチャーから目を離さないようにし...

≫続きを読む

 
 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集