内野守備・上達革命DVD 清家政和 ファースト 練習法 コツ

ファーストの捕球のコツ

ファーストは堅実な守備が求められ、様々な角度からくるボールを捕球しなければいけませんね。
とは言え、ワンバウンドしてきたりするボールは止めるだけでも大変なうえに、横に逸れたりと捕球が難しいものですが、一塁ベースにすぐに入れるように、守備位置から必要以上に離れずに、少し余裕をもってベースに入れるようにしたほうが良いでしょう。

 

 

そして、ファーストの捕球の基本のベースの踏み方は、グローブをはめていないほうの足を軸足にして1塁ベースを踏むようにします。(ランナーの足と交錯しないベースの側面に足先の裏をしっかり当てる。)

 

 

ですが、上級者になってくると、足をベースの前に揃えて待って、送球がそれた方向によってベースを踏む足を変えます。例えば、右にボールが逸れた時は左足で、左にそれたなら右足でベースを踏み変えて行います。

 

 

また、足の伸ばし方は、アウトに完全になる正面の送球に対しては、両手で確実に捕球する為に身体はあまり伸ばさないようにします。

 

 

送球が左右に逸れた場合は、片手の方が体が良く伸びるのでグローブをはめた方の足を踏み出して、シングルでキャッチします。更に、ショートバウンドの捕球のコツとしては、体を伸ばしている時なら片手で捕球した方がさばきやすく、ミットに入る瞬間に前に少し押し出すようにすると捕りやすくなります。

 

 

また、ボールから目を離さないように頭は上げないようにして、ショートバウンドが正面なら、体の中心に引きながら捕るようにすると良いでしょう。
いずれにしても、ファーストの守備が安定していると、ピッチャーを含めた他の内野手に安心感を与え、良いプレーレーを引き出すなど、捕球(キャッチング)での堅実なプレーが求められます。

 

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集