ショートバウンド 内野守備・上達革命DVD 清家政和 ファースト 練習法 コツ

ショートバウンドの処理の仕方

ショートバウンドの処理が上手く出来ていますか?
試合では、その時々の状況によって危険を冒すのか、それともボールを後ろに逸らさないことを考えて安全第一で確実に取りにいくのか判断をする必要がありますね。

 

 

そんなこともあり、内野手でショートバウンドに対して苦手意識がある選手も多いものです。
特にファーストは、ランナーがいる時に難しいショートバンドが来たらベースを踏んでグラブで取りに行った方が良いのか、それとも止めるのを優先したほうがいいのか迷うものです。

 

 

ですが、基本はグラブでとることをまずは考えるようにしなければいけません。特にファーストならグラブで捕るということを覚えるのが優先です。そして、常に捕るという意識を持っことが大切です。

 

 

とは言え、試合になれば様々な状況があります。例えば、同点で最終回を迎え、ツーアウトでランナーが二塁にいる場合、危険を冒してベースを踏んでグラブで捕りに行くのか、後ろに反らさないようにして安全に捕ることを考えるのか。

 

 

そのような場面になれば、誰でも二塁走者が返ったらサヨナラ負けになってしまうので、無意識のうちに後ろにボールを逸らさないような捕り方をする筈です。
これが状況判断というものであって、そうしないと困ってしまいますよね。

 

 

ですが、そういう場面であっても、ファーストはもちろん、他の内野手も同じですが、最初からボールを止める事だけを意識するのではなく、まずは捕ることを意識しましょう。
それで捕ることが出来なくても、少なくても身体に当ててボールを前に落とすようにするのです。

 

 

ランナーを三塁まで行かせても、ホームまでは行かせないという守備をすことが必要です。
これは小・中学生でも、高校生、大学生でも、ましてやプロ野球選手でも同じことです。
ショートバウンドでも、ハーフバウンドでも、まずはボールをクラブで捕ることを考えましょう。

 

 

どちらにしても、これをしっかり捕球できてこそファーストともいえますね。
そして、その中でも難しいのが正面のショートバウンドでしょう。この場合は、ミットを上向きにしてすくい上げて捕るよりも、バックハンドのほうが捕球しやすいです。

 

 

バウンド直後にキャッチすべくタイミングを合わせて、ミットをバックハンドで差し出し、ボールをがっちりと捕球し、そのまますくいあげます。
この時に親指で地面を突き刺す感じでバックハンドでするのがコツです。

 

 

逆に、最も悪いショートバウンドの捕球の仕方は、バウンドに合わせそこない、そのままミットを手前に引き寄せながら捕球することです。
これだと、一度グローブに入ったボールを落としやすくなりますし、後ろに逸らしかねません。

 

 

なお、練習方法としては、ショートバウンドを近くから投げてもらって、それをしっかり捕る練習をすると良いです。
グラブの操作だけで、色々な位置で捕る練習をするのです。とにかく捕る、グラブに入れるようにして、何度も繰り返しながら、徐々に距離を長くしていくと良いでしょう。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、ワンバウンドで捕球させる時のグラブさばきの指導方法と、前後左右への動作の中での練習方法をDVDで分かりやすく解説してあります。

 

ノックが苦手な指導者に一押しでおすすめの内野手へのショートバウンド指導方法とは?

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集