ハーフバウンド 捕り方 内野守備・上達革命DVD 清家政和 ファースト 練習法 コツ

ハーフバウンド捕り方のコツ

ファーストの守備で難しいものの一つがハーフバウンドになって左右にそれた送球ですね。
1塁手はこのボールを、身体を張ってでも前にボールを落として、後ろに決してそらしてはいけません。一塁ベースにランナーを押しとどめる必要があるからです。

 

 

その為には、ハーフバウンドボールに対して恐れずに、顎を下げて目でしっかり追うことが大切です。そして、クラブをもう片方の手でカバーして、腕を体につけて隙間を埋めるようにします。

 

 

また、それたボールの方向に体を素早く移動させて、腰を落として胸でボールを止めて前にボールを落とすように、前傾姿勢をとります。
更にイレギュラーバウンドして、ボールが低いバウンドになることもあるので、ひざを曲げて低い姿勢を維持するようにしましょう。

 

 

ファーストは、内野の中でもキャッチングが最も問われるポジションでであり、高く浮いたり、横にそれた送球など様々なボールを捕らなければいけません。

 

 

その為、左利きで身長が高い選手が有利なのは確かですが、それよりもファーストの守備は低いボールをすくいあげてキャッチしたり、ショートやハーフバウンドを対処しなければいけない機会のほうが多いので、まずはしっかりボールをキャッチング出来るようになることが大切でしょう。

 

 

プロが実践した短期間で守備が上達する練習法!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集