ファースト 牽制級の受け方 タッチ 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

ファーストの牽制級の受け方とタッチ

ファーストは一塁にランナがいる時は、ベースについてピッチャーからの牽制球を受けて、ランナーに素早くタッチしなければいけませんね。

 

 

その為には、ピッチャーにファーストミットの中をみせて、投げる目標をしっかり示すことが大切です。
膝は軽く曲げて投手よりのベースの角を踏んで、ピッチャーから目を離さないようにしましょう。

 

 

また、牽制球をタッチする時は、ランナーを見る必要はありません。
何故なら、ランナー必ず一塁ベースに帰ってくるからです。したがって、ボールを受けたらそのままミットをベースの二塁側の縁に落としましょう。

 

 

ですが、牽制球を受けてからランナーにタッチに行くと、それだけ遅れてしまい、その間に足や手でベースに触られてしまいかねません。

 

 

更に、アウトカウントがノーアウト1塁などの場合では、送りバントも十分に考えられるので、ピッチャーがボールを投げるまではベースについておき、投球と同時にバントに備えてダッシュするようにしましょう。

 

 

いずれにしてもファーストの役目は、各内野手から送球をしっかり受けて、打者や走者をアウトにすることです。
内野手が何処に投げても取ってくれるという安心感を与える、グローブ捌きなどのキャッチング能力の高さが求められますね。

 

 

その為、正しい牽制球を含めた送球の受け方を覚えることが大切でしょう。

 

 

脱「守備の穴」を目指すために、まずやるべきグローブ捌きの基礎をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集