内野守備・上達革命DVD 清家政和 逆シングル 練習法 コツ

逆シングルは必要なテクニック

逆シングルで強烈なゴロなどを上手くさばくことが出来ていますか?

 

 

一般的に内野の守備は、ボールを体の正面で捕るように指導されますね。これはボールを確実に捕球して、正確に送球するには正面で捕る方がより確実にアウトに出来るからです。

 

 

もちろん、これは正しいのですが、全ての打球に当てはまるわけではありません。例えば、3塁手ならライン際の強いゴロなど追いつけないこともありますし、正面で捕ろうとしてグラブではじいたりすることが結構ありますよね。

 

 

実際に大リーグなどでは、このようなグラブと反対側にきたボールは逆シングルで捕るように内野手に自然と教えているんです。その為、子供の頃からそうした練習をしているので逆シングルでのキャッチが日本人選手よりも上手です。

 

 

ということは、日本でも子供の頃から練習すれば上達できるのです。
そして逆シングルで上手くボールをさばけるようになると、守備範囲が広がり、特に三遊間の深いゴロなどは、正面で捕るより素早く強い送球ができるようになれるメリットがあります。

 

 

無理して正面で捕るうとすると体のバランスを崩して、かえってエラーをしたり、送球に時間がかかってしまうというデメリットの方が大きくなります。
そして、逆シングルでのコツとしては、強い打球の場合は捕ったほうに体を向けるようにすると良いでしょう。

 

 

また、弱い打球の場合は、素早い送球で投げないと間に合わないことがあるので、そのようなときは、ステップを踏まずに投げられる逆シングルでの捕球が有効になります。

 

 

ハンブルやイレギュラーした場合は後逸するなど、確実性が低いイメージがある逆シングルキャッチですが、練習で高めることが出来ます。
そのコツとしては、ボールの軌道に対してグラブを正面にして、ポケットで捕球することが大切で、そうすることで捕球出来るポイントが広くなります。

 

 

また、弱い打球は強い場合とは逆に下半身は送球方向に向けるようにします。このようにすれは上体が半身になっているので、素早い送球が出来るようになれます。
右利きなら、左足が前になるようにして捕球しましょう。

 

 

ノックなどで正しい足さばきを意識して捕球を心掛けるようにしていけば、キャッチの精度も上がリ素早く送球出来るようになれます。
特にサードやショート、セカンドの内野手はその時の状況によって逆シングルが上手く使えるようにしっかり練習していくと良いでしょう。

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集