内野フライ 捕り方 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

内野フライの捕り方

内野フライの捕球が上手く出来ていますか?
内野フライの捕り方で大切になってくるのが、まず、ボールが落ちてくる落下点に入ることが先決ですね。

 

 

内野フライの場合は、外野と違い打球が前方からくるというよりも、真上の高い所から落ちてくるようになるだけに、尚更、ボールの落下点の見極めが大切になってくるのです。

 

 

ただ、落下点に入るといっても、完全に打球の真下に入るのではなく、中腰になって構えて上を見上げたところが落下点になり、膝を伸ばしてのけぞるような見上げた位置を落下点にすると、いわゆる「バンザイ」をしてフライを捕りそこなってしまいます。

 

 

したがって、基本の内野フライの捕り方は、打球が打ち上げられたら、その行方を追いながら落下点をさがします。
完全に落下点に入ったら、声を出しながら両手を上げ、自分がこのフライを捕るということを周りにアピールします。

 

 

そして、体をリラックスさせ、膝にも余裕を持たせてボールを待ち構えます。
落ちてくるボールと目の間あたりにグラブを入れて、利き手をグラブに添えて確実に捕球をします。
以上が一連の内野フライの捕り方です。

 

 

いずれにしても、内野フライの捕り方で必要になってくるのは、打球の落下点の判断力がものをいいます。

 

 

この清家政和監修の内野守備上達革命DVDでは、その判断力の磨き方や後方へのフライの捕り方なども学べるので、より堅実な守備が出来るようになることで、チームから信頼される内野手になれるでしょう。

 

内野フライの落下点の見極めから後方へのフライの効果的な練習法をお教えします!

 

                内野守備・上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集