ノック練習 内野守備・上達革命DVD 清家政和 練習法 コツ

ノック練習だけで内野守備は上手くならない

野球の守備練習として真っ先に頭に浮かぶのがノック練習。
バットで打たれたボールは回転が異なるので、これを捕ることで、試合に近い打球の感覚が得られます。

 

ノックの手順は、一般的に内野手と外野手に分かれて行い、ノッカーとボールの受け役で行います。または受け役の代わりにネットでもOK。

ノック練習

 

ですが、少年野球の内野手の選手はノックをいくら繰り返しても上手くなりません。

 

 

何故なら、ノック練習はバットで打たれたボールを捕る総合的な練習だからです。

 

少年野球の内野手の選手は特に、ノックで見つかった課題を他の練習で克服する流れが必要なんですね。

 

野球というと、グラブでボールを捕って投げ、手でバットを持って打つので、どうしても手にばかり目がいきがちです。

 

 

ですが、足の動きであるフットワークが悪ければ守備範囲も狭くなり、ボールに追いつけませんし、キャッチ&スローも上手くできない。

 

ボールを捕るのも投げるのも足の動きがあってこそ可能になるものなんですね。

 

ボールを捕るときには右足で踏み切り、左足を出し、その左足へ体重を移動する中で捕ります。

 

 

この足の動きができていないと、ボールを捕りにくいのはもちろん、送球動作にもスムーズに移れません。

 

プロ野球などでは、多くのノックを受け続ける練習がありますが、あれは精神的に鍛え壁を乗り越えるときに値打ちがあると考えます。

 

小学生や中学生のジュニア選手は、ノックで見つかった課題を克服する練習をしないと上手くなれないんだ。そう気づかされます。

 

TOPへ

 

 

ちなみに外野手は内野手に比べて、ボールに触れる機会がとても少ないので、これでは上手になれません。

 

外野ノックはバットで打たれたボールを捕る貴重な機会になり、守備位置より深い方向や浅い方向にノックを打つなどすれば効果的な守備練習になります。

 

こうしたノックで、ボールに触れる機会をどれだけ作れるかが、指導者の腕の見せ所です。

 

>>野球ノック上達革命〜ノックに特化した指導者向け上達法の詳細はこちらをクリック<<

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集