セカンド 一塁よりのゴロ処理 内野守備・上達革命DVD 清家政和

一塁よりのゴロ処理

セカンドの守備では、一塁よりのゴロ処理を上手くやる必要があると思います。
というのも、抜かれればライトヒットになってしまいますからね。

 

ゴロ処理

 

それだけに何とか捕球しないといけませんが、捕球しても体の斜め前方の一塁に送球するようになります。
なので、体を切り返しと軽快なフットワークが必要になると思います。

 

 

それには、とにかくリズミカルに捕球から送球までの一連の動作をやることです。
そんな一塁よりのゴロ処理の仕方は、重心を低くして打球に向かってダッシュして、ゴロの正面に回り込み、グラブでキャッチしながら右手でボールを握ります。

 

 

そして、上半身を起こしながら体をねじり、右足を左足の後ろにステップしながら、テークバックをとり、スナップスローで横から一塁へ送球します。
この時には体を起こしきらないで投げます。

 

 

セカンドは、ショートと同じく守備範囲が広く、しかもスローイングもショートよりも複雑になるので。この機会にしっかりゴロ処理がリズミカルに出来るように学ぶといいかなと思います。

 

合わせて読みたい関連記事

教材(DVD)の中身

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集