盗塁のタッチの基本 内野守備・上達革命DVD 清家政和

盗塁のタッチの基本!アウトがセーフになる原因とは?

盗塁のタッチの基本を知っていますか?

 

二塁盗塁のベースカバーの際に、タイミング的には明らかにアウトなのにセーフになるケースがよく見られます。

盗塁のタッチの基本

 

キャッチャーからの送球が良いのにセーフになるのは、二遊間の選手の技術不足だと考えます。

 

 

まず盗塁の際のタッチの基本は、キャッチャーから送球がストライクならば、ベースの上で待ち、捕球後にグラブを落とすだけです。

 

その際のグラブを落とす位置は、一塁ランナーが滑り込んでくる二塁ベースの側面。

 

なぜここに落とすかといえば、ランナーにとってみれば最短距離で少しでも早く二塁を陥れようとするからです。

 

 

バッターが外野に抜けるようなヒットを狙ってくるような場合とは違うわけですね。

 

タッチの基本は何も難しい技術は必要とされていません。

 

それにも関わらず、タッチが甘いなどのイージミスが多くみられるのかといえば、その原因はベースの上で待てていない場合が多いです。

 

 

キャッチャーからの送球を1秒でも早く受けて、ランナーにタッチしたいという気持ちの焦りがあるからでしょう。

 

セカンドベースの上で待てば送球がグラブに勝手に飛び込んでくるのにわざわざ送球方向にグラブ出して捕りに行ってしまう…。

 

当然、そこからグラブを引き戻してタッチに行くようになりますから、時間的なロスが生まれ、余裕のタッチアウトがぎりぎりのタイミングになったり、セーフになり進塁を許してしまうのです。

 

 

また、アウトがセーフになるもう一つ原因として、捕球後に少し余裕があると、ベースの側面ではなくランナーにタッチしに行こうとする選手も見られます。これは少年野球に多いと思います。

 

そのようにしてしまうと、タッチが足先ではなく太ももや胸に入ってしまい、その結果、足先はタッチをすり抜けて二塁ベースに伸びているので、明らかに送球はアウトのタイミングで来ているのに、タッチが下手なばかりに微妙なプレーになってしまいます。

 

今は、少年野球でもレベルが上がってきているので、二遊間の選手のタッチが甘いとか、追いかけてしまうといったことがないように、キャッチャーからの送球がストライクならば、ベースの上で待ち、捕球後にグラブを落とすという、盗塁のタッチの基本は少年野球から練習でしっかり身につけていくことが大切です。

 

教材(DVD)の中身へ

 

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集