スナップスロー コツ 内野守備・上達革命DVD 清家政和

スナップスローのコツ

野球の内野手は、手首を使って素早い送球するためにスナップスローを身につけておく必要があります。

 

スナップスロー

 

例えば、併殺プレーでショートの正面のゴローをセカンドに送球するときには、如何に早く投げるかが勝負になりますからね。
このような時に、スナップスローを使います。

 

 

そんなスナップローのコツは、肘を90度、もしくはそれ以上に曲げた状態で投げるようにすることです。通常のスローイングのように腕を大きく振つていては間に合いません。
その為、手首だけで投げます。

 

 

フィニッシュでは手の甲が上側を向き、指先が捕球する味方を指せばコントロールもつきます。これがスナップスローで投げる上でも大切です。
逆に、腕を腕を振り切ってしまうと、味方の捕球する側がボールがどこからくるのかが分からないんですね。
良くやる悪い例は、クロスして投げるようにしてしまうことです。やられたら分かると思いますが、取る側からすれば非常にキャッチしにくいです。

 

 

スナップスロー練習方法としては、ポジションの位置によっても投げ方は変わってきますが、正面のゴロがショートに転がってきた場合なら、敬礼するような感じで肘を曲げてアンダースローで投げるようにします。
この時に身体を起こしながら投げるようにするのがコツで、そうすれば自然と相手の方向に指先が指して投げられるようになります。

 

 

また、7〜8mの近い距離でネットに向かって横向きになって立ち、ボールを持った腕を肩の高さまで上げ、肘は90度あるいはそれ以下に曲げて手首だけを使って投げるように練習していくと良いかと思います。

 

 

野手というのは味方に送球する場合に、スナップスローに限らず、どんなスローイングでも相手が取りずらい球を投げるということじゃなくて、味方が次のプレーしやすい見やすい球を投げることが重要です。

 

≫内野守備・上達革命の詳細を見てみる

 

 
購入者の声 内野守備の基本 セカンド守備 ショート守備 サード守備 ファースト守備 リンク集